国際新堀芸術学院はギター・ヴォーカル・ベース・ドラム・フルート・ピアノコースがあります。

出身アーティスト

当学院で学び、演奏・作編曲・バンド・グループ等プロのアーティストとして活動されている方を紹介します。在学中の生徒さんでもプロデビューする場合があります。

DANROK

DANROK

世界最高峰のギターアンサンブルと謳われる新堀ギターアンサンブル〈NE〉メンバーの中から男性6人で構成されたギター6重奏団。
使用のギターはソプラノギター・プライムギター・プライムチェンバロギター・バスギター・ギタロンの編成。
それによって生み出されるサウンドは力強く音圧がありギターの新しいイメージを生み出した。
クラシカルロックなレパートリーから、リズミカルなラテンナンバー、NRMパーカッションや超速スケール、 メロディックなバラードまで幅広いジャンルだが、なんといっても豪快なパフォーマンスが特徴。
DANROKの育ての親でもあるギター界のマエストロ新堀寛己博士と共に、斬新なサウンドを作り上げている。
現在まで、ミニアルバム「First Impression」とフルアルバム「Rock of Mozart」を発表。
2014年ポーランド・第17回トシェンサチ国際ギターフェスティバルにメインゲストとして招聘され、 聴衆は熱狂しオールスタンディングオベーションの大喝采を受けた。
横浜赤レンガ倉庫「Motion Blue」での単独ライブや、ダンスや舞踏とのコラボレーション、料理の鉄人で有名なムッシュ酒井宏行がオーナーを務めるレストラン「ラ・ロシェル」でのディナーショーなど、その活動はますます加熱中?!

DANROK代表  田口尋夢  Hiromu Taguchi
在学中から実践主義の叩き上げで鍛えられての今があります。
舞台、レコーディング、コンクールや海外公演など、本当にいろんなことに挑戦できました。
忙しすぎてあっという間の学生生活でしたが、これら一つ一つの経験が自分の中に活きていると日々実感します。DANROKのメンバー達はこの学校で出会い共に学生時代から過ごした仲間なので、 楽しかったこと辛かったことなど沢山の経験を共有し一緒に戦い抜いてきた強い絆があります。学校ってのは自分を鍛えるだけでなく、大きな夢を持った同志が集まり出会うところでもあるのだなと思います。 勇気を出して飛び込んでみてください。きっと大切な仲間ができるから。

畑中雄大

畑中雄大

ギターオーケストラの楽曲をはじめあらゆる楽器構成を含めた200曲以上の作品を発表。

昭和61年宮城県生まれ。国際新堀芸術学院にて寺田和之氏にクラシックギターを師事。師の後押しにより、学生オーケストラ、Twinkle、NE、新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ、MIKOGUITAR(台湾)、他ソロや重奏、アレンジなど数多くの作品を初演。

第7回TIAA全日本作曲家コンクール室内楽部門入選。
第41回全日本ギターコンクール作曲部門優秀作曲賞。
2009年第1回作曲個展演奏会を開催。
横浜開港150周年記念作品を作曲。
本校夏期講習の作曲理論講師を担当。
第5回第6回藤沢市民ミュージカルの作曲を担当。
2011年度全日本ギターコンクール合奏部門の課題曲を提供。

本格的なギターオーケストラのサウンドや特性を自ら奏者として本格的に学んだ稀少な作曲者。また吹奏楽作品も得意とし、既存曲はあらゆる楽器編成を含む200曲以上を発表している。

畑中雄大 Yu-dai Hatanaka
周囲の環境が作曲イメージを膨らます 現在、作曲家として仕事をさせて頂いています。
国際新堀芸術学院、そして師である寺田和之先生からの影響は大きく、演奏家の立場に立って楽譜を書く事、 音楽の意義を意識して楽譜を書く事が出来るようになりました。 在学中の環境は多くの仲間、新堀グループの演奏家に接する機会も多く、人柄や音楽の姿勢には感銘をうけ 「楽譜をプレゼントしたい」という作曲意欲も湧き、向上心に繋がった面もありました。 単に知識や技術を積み上げるだけでなく、今までとは別の世界(視点)を見つけられる、そういう学校だと思い深く敬愛しております。

Twinkle

Twinkle

アルトギター1/高橋あゆみ
アルトギター2/竹松美由紀
プライムギター/大野亜由美
バスギター/白石悠
ギタロン/相原隆太郎

国際新堀芸術学院の同期生で結成。
伝統的なクラシックギター奏法、アンサンブル、オーケストラ法を本格的に学び、多数の地域イベントから国際大舞台までを経験。
ギターならではの美しい癒しの音色でクラシックの名曲からオリジナルまでを盛り込んだ親しみやすい多彩なプログラムで多くの人を楽しませてくれている。
2014年ギターアンサンブルユニットとしてメンバー交代する事なく、結成10周年記念リサイタルが実現。
湘南ベルマーレのオフィシャルクラブパートナーになるなど地元にも根強いファンが増える。
2015年秋には蘭市政府から招聘により台湾ツアーが実現、ついにTwinkle単独で海外に出る。
ほとばしるような生命力と明るさに包まれ、絶妙なバランス感と緻密なアンサンブル力を誇る。
舞台上で見せるあの笑顔は「楽しませよう」という演奏者としての確固たる信念の表れであろう。
今年も帰国後に予定しているリサイタル「Let’s smile!」はLet's always have a smile!(いつも笑顔で)の精神をタイトルにしたものである。

アルバム「おまえのカーネーションをおくれよ」発売中。

Twinkle メンバー代表 竹松みゆき Miyuki Takematu
生涯のメンバーに出会えた!!

Twinkleは高等課程に入学した同期により結成しメンバーと共に専門課程へ進学。 先生に導かれ、同じメンバーで長く活動できるという凄さを実感する毎日です。 リサイタルも続き、特に2011年全国ツアーでは被災地である気仙沼や仙台にての慰問演奏をさせて頂き、 音楽家として社会活動を学んだ事は生涯忘れません。

田口尋夢

田口尋夢

神奈川県藤沢生まれ。幼少よりヴァイオリンを学ぶ。
10歳からエレキギター、ベース、ドラムを始め、地元のライブハウスで活動。
国際新堀芸術学院に入学、ほぼ同時期にクラシックギターに出会い、独奏スタイルに傾倒していく。
同年、全日本ギターコンクールにて第一位を獲得。
翌年、JGA音楽祭に出演し喝采を浴びる。
在学中に新堀ギターアンサンブルに入団。
新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ公演にテデスコのギター協奏曲のソリストとして出演。
卒業後は新堀ギターアンサンブルの4代目コンサートマスターに就任。 ドイツ、オーストリー、韓国、シンガポール、アメリカ、イタリア等、数々の海外公演で大成功。
2009年管弦オーケストラとの協奏曲の演奏や、すみだトリフォニーホールにて初のリサイタル。 ジャズにも活動を広げ、SuiteVoiceやEQの小池修等とも共演。
へヴィメタルバンド「NEW MOAT」のドラマーとしても活動する等もはやジャンルの壁は存在しない。
作編曲でも活躍し、新堀ギターフィルハーモニーオーケストラ公演やギタリスタス日本等数多く演奏される。
中でも「女郎花」は映像と音楽のコラボレーションとして生まれ変わり、新たな芸術作品として話題を呼んだ。

田口洋美

田口洋美

東京生まれ、幼少〜思春期を横浜で過ごす。ギターを得意とするピアニスト・作曲家の大宮哲を父にもち、幼き頃よりギターの手ほどきを受ける。 国際新堀芸術学院高等課程・専門課程で寺田和之・黒田康子に師事。
2003年全日本ギターコンクール第一位。
2004年にJGAギターフェスティバル(in 福岡)に出演。
世界の先端をいくプロのギタオケ、新堀ギターアンサンブルに抜擢され、ドイツ、オーストリア、アメリカ、韓国、台湾、シンガポール等、数々の公演ツアーに参加。 2006年女性四重奏団レギュラーの2nd奏者を任される。
2014年にGGサロンにソロで出演。
新堀ギターアンサンブルにてプライムギター、アルトチェンバロギター首席奏者を務める。
大萩康司氏、加藤政幸氏、吉田佳正氏のマスタークラスを受講。 世界のリュート界の第一人者、佐藤豊彦氏にバッハ演奏の指南を受ける。
2016年春には満を持してソロリサイタルを予定。
ソロ、伴奏、アンサンブル、オケ、全ての編成での演奏をこなす優秀な音楽家、実力派女流ギタリストとしての確固たる地位を築きつつある。

- My Average ------------------------------

myaverge

池田 祐治(Vo&AG)
谷口 貴彦(Ba&cho)
萱原 健司(Dr&cho)

2005年 結成。横浜を中心にライブ活動を始める。
2005年12月 1stシングル『ファーストシングル』を発売。
2006年5月 新横浜BELL'Sにて、初の自主企画『夜明けのベランダ』を開催し大成功を収める。 ここで、2枚目となる『夜明けのベランダ』発売。
2008年6月 初のワンマンライブ『ハイスコアをねらえ!!』を行う。
ここで、3枚目のCD(+・−、Melancholic)を発売。
2009年1月 第31回関東ギターエロスに新横浜BeLL'S代表として出場。
2009年6月 2回目のワンマンライブ『もう幻なんて言わせない?』を行う。

- RURURU ----------------------------------

myaverge

長島和也(Vo&Gt)
長島慶永(Gt)
久野木克郎(Ba)
吉岡勇樹(Dr)

2003年春 Vo,Gt長島和也(ダイナ),Ba久野木,Dr吉岡の3人で結成。
2003年冬 ダイナの双子の兄長島慶永(ジャバ)をGtに迎える。
2004年春 活動を開始。
音響やミクスチャー、ジャムの要素を組み込み、その名称とは裏腹に重厚かつ
暗闇で淡く輝く数々の光を彷彿をさせるクリエイティブな世界観を作りだす。
2006年5月 1st mini album『ルルル』をリリース。
単独公演で来日した「65daysofstatic」や「JESU」等のオープニングアクトを務める。
ルルルの音とリズムを体全体で体感できた頃、ルルルの創造した時空が広がっているでしょう。

- ファルコン ---------------------------------

myaverge

Falcon (guitar) 1979年生まれ、広島県出身。
15歳からギターを始め、学生の頃よりポップスを中心にアーティストのサポート活動を開始。
笹川美和、オオゼキタク、などのアーティストのライブやレコーディングに参加。
ウクレレユニット“paititi”に参加。
オムニバスalbum『音野菜〜eatrip music marche〜』に参加。
沖縄での野外録音の音源を集めたミニアルバムを発売予定。

- 伊藤賢一 ---------------------------------

myaverge

伊藤賢一(いとうけんいち)アコースティックギタリスト 1997年度卒。
モリダイラ主催、フィンガーピッキング・ギター・コンテスト3位入賞。
ギター倶楽部Vol.9において楽器レビュー及びオリジナルサンプル曲を提供。
アコースティック・ギター・ブック25・26号で、DVD付きアレンジ曲企画担当。
アコースティック・ギター・マガジン35号にインタビュー掲載。
付録CDにも「海流」(譜面つき)「思い出の自転車」の2曲収録。
同38号では「クラシック・スタイルに学ぶアコギの弾き方鳴らし方」担当。
Go!Go!GUITAR増刊「さらりと弾けるクラシックギター」において「魅惑のソロギター」コーナーを担当。 雪国観光圏テーマ曲として「ゆきどけ」を作曲。
アコースティック・ギター・マガジン53号に自身アレンジ「シーベグ・シーモア」 の譜面及び音源掲載。モダン・チェンバー・カルテットに参加。
アコースティック・ギター・マガジン56号「ピック&ネイル徹底ガイド」のネイル編をメイン執筆。
「String Man」「Slow」「海流」「かざぐるま」「Tree Of Life」5枚のアルバムを発表。
全国ツアーを頻繁に行っている。

- 松村信行 ---------------------------------

松村信行

松村 信行(まつむらのぶゆき) Fingerstyle Guitarist 東京生まれ。
中学生の時にビートルズと出会い15才よりアコースティックギターを始める。
18才 - 国際新堀芸術学院に入学し4年間クラシックギターの基礎を身につける。
21才 - 全日本ギターコンクールで銅賞受賞。
22才 - ギター講師として各地の音楽教室で教鞭を始める。
25才 - ソロ演奏活動をスタートする。
2005年 - タイに移住。チェンマイのミュージシャン達とレストラン等で演奏活動を始める。 又、ストリートパフォーマンスを続けて多数の地元のファンを得る。
2010年 - Youtubeに演奏動画を投稿すると多大な再生回数と反響を得る。
2011年 - バンコクに活動拠点を移し演奏と講師活動。多数の地元TVに出演。
2012年 - Bangkok Music Fair出演。
現在 YouTube動画再生回数930万回 / facebookファン登録者9万人

- Laugh Life ---------------------------------

Laugh Life

澤幡純也(さわはたじゅんや)EG 2004年卒
小澤祐太(おざわゆうた)Dr 2003年卒

2007年8月 待望の初音源『Life is music』をリリース。
タワーレコード横浜モアーズ店にて即日売り切れ。
J-POPチャート初登場2位を記録(インディーズチャート1位)。初の全国ツアー。
レコ発ツアーファイナルでは、地元横浜FADでの初のワンマンライブ。
2008年9月 2nd mini ALBUM『For your life』をリリース。
ALBUMから「ミナミカゼ」がタワーレコード / タハラ限定の先行シングル発売。
全国Tourを展開。12月ツアーファイナルを渋谷ASIAにて開催。soldoutを記録。
2009年1月 真のツアーファイナルとして善行ZにてFREEワンマンLIVEを開催。
2011年7月 新音源発表のためRECを開始。
2011年9月 3年ぶりのNEWシングル『FREEDOM/GOES ON』をリリース!
2014年2月 V.A 『YOKOHAMA LOCAL MANIA』 音源化初収録曲「WEEKEND解放宣言」にて参加!

- 櫻田亨 ---------------------------------

櫻田亨

櫻田亨(さくらだとおる) リュート&アーリーギター ギター音楽科 1987年卒
リュート&アーリーギターソサエティ。サクラダ音楽教室主宰。
日本ギター専門学校・オランダハーグにある王立音楽院卒業。
世界を代表するリュート奏者、佐藤豊彦氏に師事する事25年。
リュートや音楽はもちろん、禅茶(楽禅古流)、気功等を現在もお稽古、継続中。
また、師匠と共にリュート&アーリーギターソサエティを設立。
CDには7台の各種リュート属の楽器すべてにガット弦を張り、250年にわたるリュート音楽を紹介した「やすらぎのガット」。
スペインの皇帝お気に入りのビウエラ、ドイツの自由都市で華開いたリュートを弾いた「ナルバエスVSノイジドラー」(レコード芸術誌 準特選)。
師匠とイギリス、エリザベス朝のリュート二重奏を演奏「2・4.3」(同 準特選)。
ドイツの教会で11コースバロックリュートためのフランスとドイツ音楽を録音した「パッヘルベル 恋人のため息」(同 準特選)等がある。
ソロだけでなく、歌や笛などとの小編成のアンサンブルにも定評がある。
西洋美術史をSABA彩子氏に師事。
絵画と古楽のコラボ企画で、東京都美術館(プラド美術館展・フェルメール展他)をはじめとした美術館やギャラリーでの演奏会でも好評を博す。

- Blue Blast (ブルーブラスト) ドラムライン -------

Blue Blast

SnareDrum/望月 滋(もちづきしげる)2004年卒
SnareDrum/岸 花愛(きしはなえ)2013年卒
SnareDrum/井原康文(いはらやすふみ)2011年卒
TenorTom/萩原広充(はぎわらひろみつ)2007年卒
Symbal/大友拓海(おおともたくみ)2014年卒
Symbal/種田瑞穂(おいだみずほ)2012年卒
Symbal/河原詩乃(かわはらしの)2012年卒
BassDrum/武井翔吾(たけいしょうご)2009年入学
BassDrum/吉田和也(よしだかずや)2015年卒

国際新堀芸術学院ドラム科OB,OG、講師で2012年に結成。
横浜・東京・静岡などを中心に、お祭り、催し物などのオープニング演奏やゲスト出演などで多数出演。
パワフル且つテクニカルなサウンドは、その場を派手に盛り上げ、各地で好評を得ている。

- 垂石雅俊 ---------------------------------

垂石雅俊

垂石雅俊(たるいしまさとし) ギタリスト(クラシック&アコースティック)・作曲・アレンジ1996年卒
さいたまミュージックスクエア主宰 (株)ジーアンドイー代表取締役
FM浦和「Reds Wave」ラジオパーソナリティー 全日本ギターコンクール重奏部門最優秀賞
在学中はギターを新堀寛己氏他多くの教授陣に学び、演奏、指揮、教育などの面に於いて数々のコンクールで受賞、演奏活動を行う。
18歳の時に青山劇場にてミュージカル「ウィンド・イン・ザ・ウィロー」にてデビュー。
卒業後は吉田佳正氏、金庸太氏に師事。
在学中より所属した新堀ギターアンサンブルでの演奏活動と共に、 母体となる新堀ギター音楽院の本部教室主任教師を歴任し、ドイツに渡欧。
クラシックギターをアレクサンダー・セルゲイ・ラミレス氏、アコースティックギターをドン・ロス氏に師事。
帰国後、さいたま市産業創造財団の助力を得て、音楽教室ギターレ&エアスト、株式会社ジーアンドイーを設立。
演奏活動と共に執筆、またとしても活躍。
起業家としての各種講演やイベントプロデュースも行っている。
キングレコードより「カフェ日和〜癒しのギターでくつろぎのひととき〜」、
「Pray for Christmas〜聖夜へいざなうギターの調べ〜」をリリース。
著書に「弾きたい曲からはじめる!私のクラシックギターシリーズ」
「ソロ・ギター練習帳」(リットーミュージック社刊)など。

お問い合わせはこちら、体験入学、説明会も随時開催中! TEL 0466-23-8338 無料体験いつでもOK!!

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 体験入学お申し込み

ホームページ作成のことはまずここに