国際新堀芸術学院はギター・ヴォーカル・ベース・ドラム・フルート・ピアノコースがあります。

専攻楽器

国際新堀芸術学院 フルート科の3つのポイント

ポイント1 基礎は深く幅広く、秘めた才能を引き出す
メロディー楽器であるフルートにとって伴奏者がいる事や アンサンブル・オーケストレーションの場はとても貴重です。
楽器・ジャンルの壁を作らない本校では他楽器とのコラボレーションを常に可能とし、 のびのびとフルートを学べる環境があります。
ポイント2 多彩なステージで視野の広いフルーティストへ
様々な場面にも対応できるマルチプレーヤーを求められる今、 在学中からの豊富なステージ経験はプロ意識を育てます。
日頃のトレーニングを応用し、生きた表現・パフォーマンスを身につけます。
ポイント3 本物の現場が実践力を育む
技術だけが上手くなってもプロにはなれません。
将来を見据えた実践的な授業で、学生自らがプロデュースするイベントも豊富にあり、
演奏以外のマネージメント・宣伝・知識・マナーとキャリアを積める場も提供していきます。

カリキュラム内容ピックアップ技術・理論・実践がリンク、最高の環境で体得。

技術

技術 技術
プライベート・レッスン(フルート個人レッスン)
1人の学生には2人の現役ミュージシャンのインストラクターがスタンバイ、あなたの能力を最大限に引き出すため、専攻楽器担当教授と副科担当教授のスペシャリストがサポートしていきます。最も効率的な演奏姿勢( 基本フォーム)、ブレステクニック、ムラなく豊かな音色で響かせるテクニック、演奏に必要な曲の構成の分析力をマスターするための基礎知識を学び、安定した表現ができるフルーティストを目指します。
アンサンブル、オーケストラ実習
ソロスタイルとは違う、アンサンブル、オーケストラにおけるフルートの表現法について学びます。クラシック、ポップス、ジャズスタンダード曲、オリジナル曲を経験、研究し、様々なスタイルに対応するスキルも学びます。楽曲のスタイル、フレーズごとのアーティキュレーションテクニック、ステージでの効果的な身体表現等、本格的にしっかりと学びます。

理論

理論
セオリー&スタイル( 音楽理論、ジャンル別スタイルの修得)
ミュージシャンとして確信と自信を持ってプレイする上で、音楽に向かい合うために必要な音楽理論、アドリヴ、作曲・アレンジ等をスタイル別に学びます。

実践

実践
オリジナル作品のレコーディング)
ソロ、デュオ、アンサンブル実習、作・編曲の授業で作り上げた作品を実際にレコーディングすることで、そのノウハウを実践。CDやYouTubeなどを通し、世界へ配信していきます。
指導法、教育実習 ※専門課程・夜間制対象
全国に展開する新堀ギターグループのバックアップにより、フルートインストラクター教育実習生として実際の現場での音楽指導法と教室運営法を学ぶことができます。その経験は卒業後すぐに活躍できるスキルを磨く大きな力となります。

主な必修科目、選択科目

インストラクター 越部 裕子 Yuko Koshibe

インストラクター 越部裕子 Yuko Koshibe

どの楽器でも「歌を大切に」と言われますが、フルートは実際に息を使って演奏するので、まさに「あなたの中で歌ったものが、そのまま演奏に反映される」と言っても良いかも知れません。 もちろん、そのためにはあらゆるテクニックが必要とされるわけですが“英語が話せても話したい内容が無ければ無意味”と言われるように“表現したい”という気持ちが絶対に不可欠です。
楽器は手にしたことが無くても、「こんな風に表現したい」という気持ちがある方、是非一緒に学びましょう!

    体験レッスンをより詳しく受けたい方や学校内の雰囲気をよりリアルに感じたい方には「無料体験入学」をおススメしています。是非ご利用ください。

    お問い合わせはこちら、体験入学、説明会も随時開催中! TEL 0466-23-8338 無料体験いつでもOK!!

    • 資料請求・お問い合わせ
    • 体験入学お申し込み

ホームページ作成のことはまずここに